HOME   ≫   イベント情報   ≫   ミュージアム講座

平成30年度(後期)連続講座

坂の上の雲ミュージアムでは、小説『坂の上の雲』の時代背景である明治期や作品の舞台である松山の魅力に迫る、連続講座の受講者を募集します。

講座名は、「近代国家とは何か」と「松山」の二種類で、各分野で活躍する先生方のお話により、『坂の上の雲』の時代背景である明治や、『坂の上の雲』の舞台である松山の多面的な姿に迫っていきます。

講座「近代国家とは何か」講師 14:00~15:30

日程 氏名 タイトル 専門分野 所属
10月13日 齋藤 義朗 1.「東郷長官と秋山ら幕僚の食卓」
  ~日露戦争中の戦艦三笠~
2.「秋山真之と孫文」
  ~『坂の上の雲』の後~
海事史・海軍史 長崎県文化振興課
係長(学芸員)
11月10日 藻利 佳彦 メドヴェージ村の日本人捕虜(仮) 近代史 東京ロシア語学院学院長
12月8日 池田 勇太 維新変革のなかの文明開化論(仮) 日本近代史 山口大学准教授
1月12日 市川 裕士 明治初期の海軍と西海鎮守府 地域史 呉市海事歴史科学館
学芸課副主任

講座「松山」講師 14:00~15:30

日程 氏名 タイトル 専門分野 所属
10月27日 藤本 誉博 今治城の絵図を読み解く 日本中近世史 今治城学芸員
11月24日 多田 仁 防空監視哨の実相
―近代における愛媛の民間防空―
考古学 伊予史談会常任委員
12月22日 長井 健 松山藩の御用絵師について(仮) 日本美術史 愛媛県美術館学芸員
1月26日 志後野迫 希世 大名家の婚礼について(仮) 日本近世史 宇和島市立伊達博物館学芸員

これまでの講座