HOME   ≫   イベント情報   ≫   おうちでミュージアム

おうちでミュージアムとは?

ここでは、おうちで坂の上の雲ミュージアムを楽しんでいただけるものを紹介します。ぜひご活用ください。

迷路・かくし絵

松山市出身の迷路絵本作家の香川元太郎さんの作品です。
明治時代の松山の「道後」「城下町」「三津浜」を舞台につくられています。

遊び方

画像をクリックするとPDFが開きます。印刷したり大きな画面で見ながら遊んでみよう。
小説『坂の上の雲』の登場人物や松山にゆかりのある人物も隠れているよ。

Copyright©︎Gentaro Kagawa & shiori kagawa All Righrs Reserved.

ペーパークラフト ※画像をダウンロードして印刷して遊んでください。(PDFが開きます)

江戸から明治にかけて流行したおもちゃ絵の一種「立版古(たてばんこ)」(組上げ燈籠、組上げ絵)。
色彩豊かに刷られた絵を切って組み立てることで、立体的な錦絵の世界を楽しむことができます。

このペーパークラフトで、立版古を体験して、ぬり絵も楽しんでください。
(厚手の紙にプリントアウトして作ると組み立てやすいよ。)

「おうちでミュージアム」あなたの作品紹介ページ!


  • 工作1
  • 工作2

ぬりえ ※画像をダウンロードして印刷して遊んでください。(PDFが開きます)

『坂の上の雲』の3人の主人公、秋山好古、秋山真之、正岡子規をモチーフにしたオリジナルのぬりえです。

「おうちでミュージアム」あなたの作品紹介ページ!

  • ぬりえ

オリジナル絵本

坂の上の雲ミュージアムオリジナルの絵本を読んでみよう。(PDFが開きます)

『子規さんの旅だち』

子規さんの旅立ち大学生の子規と一緒に、自分の夢や一生の仕事について考えよう。
(第10回企画展「子規と帝国大学」で作成。2016年2月23日発行)

『バルチック艦隊』

バルチック艦隊 日露戦争で日本とたたかったロシアのバルチック艦隊から、船が動くしくみを知ろう。
(第5回企画展「バルチック艦隊と真之」で作成。2011年3月1日発行)
クイズの答えはこちら

『明治の書生』NEW!!

明治の書生 上京し勉学に励んだ子規や真之ら書生の暮らしについて知ろう。
(第9回企画展「子規・真之の青春」で作成。2015年2月24日発行))

オリジナル映像

坂の上の雲ミュージアムオリジナルの展示映像を見てみよう!

『明治青年 秋山真之』(約6分)

明治時代の真之の思想や足跡を紹介します。
(第12回企画展『明治青年 秋山真之』で作成。2018年2月27日)

『日本新聞社員タリ』(約8分)

新聞記者としての子規の活躍を紹介します。
(第4回企画展「新聞『日本』と子規」で作成。2010年3月2日)

子規「散策集」をたどる

明治時代に子規がその友人たちと歩いた道のりをたどってみよう。

「散策集」とは

「散策集」は、明治28年に正岡子規が帰省中に松山近郊を散策したときの俳句紀行文集です。明治28年9月20日から10月7日までの間に、当時、愛媛県尋常中学校の英語教師をしていた夏目漱石や地元の俳句結社「松風会」の人たちと歩いた記録が5回残っています。

この記録は、平成28年度に行われた松山市「環境教育プログラム策定事業」の一部を利用させていただきました。同事業は松山市新玉小学校と愛媛大学羽鳥剛史研究室がおこなった授業をもとに策定されたものです。

●監修・執筆
愛媛大学 社会共創学部 准教授 羽鳥 剛史
●「散策ガイド」製作
愛媛大学大学院 理工学研究科 柳原 捷吾
●デザイン
愛媛大学 教育学部 帽子 紗貴
松山アーバンデザインセンター アシスタントディレクター 小川 直史
●協力者
愛媛大学羽鳥研究室
坂の上の雲ミュージアム
松山アーバンデザインセンター
松山観光ボランティアガイドの会
松山市教育研修センター事務所
松山市立新玉小学校
松山市立子規記念博物館     (五十音順)
平成27年〜28年度 松山市「環境教育プログラム策定事業」
松山市環境教育プログラム
「子規『散策集』をたどるまち歩きと松山の魅力再発見!」
平成29年3月発行
松山市役所 環境モデル都市推進課

館蔵資料紹介動画NEW!!

坂の上の雲ミュージアムの資料を動画で紹介します(約50秒)。

秋山好古書「質実剛健進取不止」

坂の上の雲ミュージアムが所蔵する秋山好古自筆の書を紹介します。

秋山真之画「鯉の滝登り」

坂の上の雲ミュージアムが所蔵する秋山真之自筆の絵画を紹介します。

正岡子規著『俳諧大要』 

坂の上の雲ミュージアムが所蔵する正岡子規の著作を紹介します。

館蔵資料紹介

もっとくわしく知りたい方に。
坂の上の雲ミュージアムの資料を紹介します。クリックするとPDFが開きます。



「おうちミュージアム」ほかの「おうちミュージアム」にも行ってみよう!