HOME   ≫   イベント情報   ≫   ミュージアム講座

平成27年度(後期)連続講座

坂の上の雲ミュージアムでは、小説『坂の上の雲』の時代背景である明治期や作品の舞台である松山の魅力に迫る、連続講座の後期受講者を募集します。

講座名は、「近代国家とは何か」と「松山」の二種類で、各分野で活躍する先生方のお話により、『坂の上の雲』の時代背景である明治や、『坂の上の雲』の舞台である松山の多面的な姿に迫っていきます。

①「近代国家とは何か」講師 14:00~15:30

日程 氏名 タイトル 専門分野 所属
10月10日 松野尾 裕 大正・昭和前期の日本における女性と経済学
 ―経済学への「生活」の視点の導入―
近代経済史 愛媛大学教育学部教授
11月14日 原 剛 近代軍の建設
-国内治安重視から対外防衛重視へ-
軍事史 軍事史研究家
12月12日 宮下 雄一郎 ヨーロッパ統合への道 国際関係史 松山大学法学部准教授
1月9日 末岡 照啓 明治産業維新のリーダー広瀬宰平と伊庭貞剛 日本近代史 住友史料館 副館長

②「松山」講師 14:00~15:30

日程 氏名 タイトル 専門分野 所属
10月24日 柴田 圭子 戦国期、湯築城とその城下 考古学 愛媛県埋蔵文化財センター
調査員
11月28日 小沼 大八 伊予のかくれキリシタン 日本近代史 愛媛大学名誉教授
12月26日 妹尾克敏 「加藤拓川」の人間像 憲法及び地方自治法 松山大学法学部教授
1月23日 冨吉 将平 前田伍建について 人物史 愛媛人物博物館学芸員

これまでの講座