HOME   ≫   展示情報   ≫   第9回企画展 テーマ展示「子規・真之の青春」

第9回企画展 近代国家制度の形成2 子規・真之の青春

2015年2月24日(火)〜2016年2月14日(日)

パンフレット

概要

パンフレット
パンフレットPDF

明治政府が創設した近代教育制度は、士族の反乱や自由民権運動など時代のうねりを受け、その様相を変化させていきました。当初掲げられた自由な教育は改められ、次第に国家の統制が及んできます。

松山中学校では、初代校長・草間時福のもとに開明的な教育が行われ、その自由な校風に惹かれて多くの若者が学びました。しかし、正岡子規・秋山真之が入学するころには規制が強まり、若者たちはより良い教育を求めて上京の夢を抱くようになります。

1883 (明治16)年に上京した子規・真之は、共立学校などの学校で勉学に励み、東京大学予備門に入学します。東京には、全国から優秀な若者たちが集まり、彼らは、勉強だけでく、寄席などの娯楽や野球のような新しいスポーツに触れ、近代的な東京の文化を満喫しました。彼らは書生とよばれ、その熱気あふれる活動は、独特な文化を生み出します。

今回の展示では、子規・真之の青春時代の教育や生活、人びととの交流をみていくなかで、書生とよばれた明治の若者たちの実像に迫ります。

これまでの企画展

平成28年 第10回企画展 テーマ展示「近代国家制度の形成3 子規と帝国大学」
平成27年 第9回企画展 テーマ展示「近代国家制度の形成2 子規・真之の青春」
平成26年 第8回企画展 テーマ展示「近代国家制度の形成1 明治の教育 子規・真之と小学校」
平成25年 第7回企画展 テーマ展示「日露戦争と明治のジャーナリズム4 ハーグ万国平和会議」
平成24年 第6回企画展 テーマ展示「日露戦争と明治のジャーナリズム3 ポーツマス日露講和会議」
平成23年 第5回企画展 テーマ展示「日露戦争と明治のジャーナリズム2 バルチック艦隊と真之」
平成22年 第4回企画展 テーマ展示「日露戦争と明治のジャーナリズム1 新聞『日本』と子規」
平成21年 第3回企画展 テーマ展示「秋山好古」
平成20年 第2回企画展 『坂の上の雲』1000人のメッセージ展
平成19年 第1回企画展 テーマ展示「子規と真之」