HOME   ≫   イベント情報   ≫   ミュージアム講座

平成29年度(前期)連続講座

坂の上の雲ミュージアムでは、小説『坂の上の雲』の時代背景である明治期や作品の舞台である松山の魅力に迫る、連続講座の受講者を募集します。

講座名は、「近代国家とは何か」と「松山」の二種類で、各分野で活躍する先生方のお話により、『坂の上の雲』の時代背景である明治や、『坂の上の雲』の舞台である松山の多面的な姿に迫っていきます。

講座「近代国家とは何か」講師 14:00~15:30

日程 氏名 タイトル 専門分野 所属
5月13日 中川未来 近代日本ナショナリズムとメディア史(仮) 日本近現代史 愛媛大学法文学部講師
6月10日 吉田正広 第一次大戦時の戦没者追悼(仮) 西洋近現代史 愛媛大学法文学部教授
7月8日 名畑直日児 清沢満之と正岡子規(仮) 近代仏教史 真宗大谷派教学研究所
8月12日 中根隆行 漱石と感情の近代 日本近代文学 愛媛大学法文学部教授
9月9日 桜井敬人 ジョン万次郎について(仮) 日本近代史 太地町歴史資料室学芸員

講座「松山」講師 14:00~15:30

日程 氏名 タイトル 専門分野 所属
5月27日 森正経 東雲神社について(仮) 郷土史 元松山城学芸員
6月24日 徳永佳世 秋山好古、真之の人生
-明治20年代を中心に-
近代史 坂の上の雲ミュージアム学芸員
7月22日 佐藤栄作 小説「坊っちゃん」の自筆原稿について(仮) 近代文学・日本語学 愛媛大学教育学部教授
8月26日 平井誠 明治期における松山の鉄道史(仮) 日本近代史 愛媛県歴史文化博物館学芸員
9月23日 高木貞重 回覧雑誌「朱欒」について(仮) 近現代美術 久万美術館館長

受講者募集

『坂の上の雲』の時代背景である明治や、舞台となった松山の歴史・文化を一緒に学びませんか。

日時・内容

「近代国家とは何か」・・・平成29年5月~9月の毎月第2土曜日
「松山」・・・平成29年5月~9月の毎月第4土曜日

会場

坂の上の雲ミュージアム3階会議室

定員

各40人

受講料

各1,500円

申し込み

4/29(土)までに住所、氏名、電話番号、講座名を記入の上、はがきまたは、ファクス・eメールでお申込みください。(必着)

宛先

坂の上の雲ミュージアム講座係
住所:〒790-0001松山市一番町三丁目20番地
FAX:089-915-3600
E-mail:saka-museum@city.matsuyama.ehime.jp