HOME   ≫   イベント情報   ≫   イベント案内

【受付終了】<竹下景子さんら出演>開館10周年記念シンポジウム

※このイベントの受付は、定員に達したため終了しました。
 多数のご応募、ありがとうございました。

松山市では「『坂の上の雲』を軸とした21世紀のまちづくり」として、小説を活かした松山ならではのまちづくりを進めています。坂の上の雲ミュージアムはそのまちづくりの中核施設として平成19年4月に開館し、市民のみなさまと一緒にさまざまな活動を行なってきました。
今回のシンポジウムでは、10年間の活動の軌跡を振り返り、『坂の上の雲』のまち 松山の魅力を再発見するとともに、今後のまちづくりの可能性について考えていきます。

日時

平成29年12月3日(日)13時30分~16時10分

場所

坂の上の雲ミュージアム2階ホール

定員、料金

【定員】100名(先着順)
【料金】無料

申し込み

【期間】平成29年11月9日(木)~12月2日(土)
【方法】電話、ファクス、eメールで、住所、氏名、電話番号、申し込み人数を坂の上の雲ミュージアムまで。
【申込先】坂の上の雲ミュージアム
 電話:089-915-2601、ファクス:089-915-3600、eメール:saka-museum@city.matsuyama.ehime.jp

内容

基調講演

タイトル:「『坂の上の雲』のまち 松山の文化、文学の面影をたずねて」
講演者:青木亮人(愛媛大学教育学部准教授)

パネルディスカッション

タイトル:「都市の魅力とまちづくりの可能性」
パネリスト:竹下景子(俳優、内子町まちづくり応援大使)
      青木亮人(愛媛大学教育学部准教授)
      徳永高志(NPO法人クオリティアンドコミュニケーションオブアーツ代表)
      松本啓治(坂の上の雲ミュージアム館長)
コーディネーター:木藤たかお(フリーアナウンサー)

【受付終了】<竹下景子さんら出演>開館10周年記念シンポジウム