HOME   ≫   ミュージアムの紹介   ≫   小説『坂の上の雲』

作品概要

「産経新聞(夕刊)」に1968(昭和43)年4月22日 〜1972(昭和47)年8月4日にかけて、4年半にわたり連載された。計1296回。構想期間も含めると10年に及び、司馬遼太郎は40代のほぼすべてを費やした。この小説は、1999(平成11)年から 2000(平成12)年6月30日にかけて、「産経新聞(朝刊)」に再掲載されている。挿絵は、下高原健二氏。

原作者:司馬遼太郎(1923〜1996)

大阪市生まれ。大阪外国語学校(現大阪外国語大学)蒙古語部卒。1948年産業経済新聞社入社。60年『梟の城』で第42回直木賞を受賞。『竜馬がゆく』『燃えよ剣』『国盗り物語』『坂の上の雲』『空海の風景』『翔ぶが如く』『菜の花の沖』『韃靼疾風録』など多数。また『街道をゆく』『風塵抄』『この国のかたち』などの紀行、エッセイも多い。93年文化勲章受章。命日の2月12日は「菜の花忌」とよばれる。

挿絵:下高原健二(1914〜1992)

鹿児島県生まれ。大阪信濃橋洋画研究所で絵画を学ぶ。大映大阪支社で宣伝広報を担当したあと、挿絵画家としてデビュー。代表作に『坂の上の雲』の挿絵のほか、渡辺淳一の『愛のごとく』、『まひる野』、今東光の『明日また』、大岡昇平の『天誅組』の挿絵などがある。

単行本初版

出版 文藝春秋
装丁 風間 完

  • 第一巻 1969(昭和44)年 4月
  • 第二巻 1969(昭和44)年11月
  • 第三巻 1970(昭和45)年 6月
  • 第四巻 1971(昭和46)年 4月
  • 第五巻 1972(昭和47)年 6月
  • 第六巻 1972(昭和47)年 9月