HOME   ≫   来館のご案内   ≫   お知らせ

<7/24~9/30>特別展示「明治の艦船-船からみる近代日本」

明治150年、秋山真之150年を記念して、艦船模型をはじめ、バルチック艦隊を発見した「信濃丸」や日露戦争の病院船「博愛丸」などを展示します。

内容

明治時代に航行した艦船の中には、当初の役目を終えたあと、別の目的のために生まれ変わり、利用されたものがありました。さまざまな役割を果たした船の歴史を辿り、時代や社会の移り変わりや人びとと海の関わりの変化をみることができます。
本展示では、坂の上の雲ミュージアムが所蔵する艦船模型をはじめ、バルチック艦隊を発見した「信濃丸」や日露戦争の病院船「博愛丸」などを紹介し、船にまつわるさまざまな資料から、近代日本をみつめます。

展示期間

平成30年7月24日(火)~9月30日(日)

場所

坂の上の雲ミュージアム4階展示室2

料金

観覧料が必要です。
一般400円、高齢者(65歳以上)・高校生200円、中学生以下無料
(上記観覧料で常設展・企画展もご覧いただけます)

協力

船の科学館「海の学びミュージアムサポート」
https://uminomanabi.com/

関連展示「モデルシップの世界」について

下記をクリックすると関連展示のご案内ページが開きます。
http://www.sakanouenokumomuseum.jp/guide/oshirase/?id=849