HOME   ≫   イベント情報   ≫   ミュージアム講座

平成26年度(後期)連続講座

坂の上の雲ミュージアムでは、小説『坂の上の雲』の時代背景である明治期や作品の舞台である松山の魅力に迫る、連続講座の後期受講者を募集します。

講座名は、「近代国家とは何か」と「松山」の二種類で、各分野で活躍する先生方のお話により、『坂の上の雲』の時代背景である明治や、『坂の上の雲』の舞台である松山の多面的な姿に迫っていきます。

①「近代国家とは何か」講師 14:00~15:30

日程 氏名 タイトル 専門分野 所属
10月11日 伊藤 彌彦 学校の効用
―明治新国家の場合―
日本近代史 同志社大学
名誉教授
11月8日 三宅 宏司 近代工業都市の形成と
瀬戸内海
産業史 武庫川女子大学
名誉教授
12月13日 有本 真紀 卒業式を通してみる明治の学校 歴史社会学 立教大学文学部
教授
1月10日 山口由等 十河信二の鉄道人生
からみた近代日本
日本経済史 愛媛大学法文学部
教授
2月14日 齋藤 義朗 『坂の上の雲』の時代の
日本海軍と長崎・佐世保の変容
海事史・海軍史 長崎県文化振興課
主任学芸員

②「松山」講師 14:00~15:30

日程 氏名 タイトル 専門分野 所属
10月25日 稲田 道彦 四国遍路の巡礼路の変更
-納経帳からみる-
観光地理学 香川大学経済学部
教授
11月22日 深石 一夫 愛媛の風土 自然地理気候学 愛媛大学
名誉教授
12月27日 井上 淳 松山城下図屏風の世界 伊予近世史 愛媛県生涯学習課
学芸員
1月24日 山之内志郎 松山平野の渡来文化 考古学 松山市考古館
学芸員

これまでの講座