HOME   ≫   イベント情報   ≫   ミュージアム講座

平成25年度(後期)連続講座

坂の上の雲ミュージアムでは、小説『坂の上の雲』の時代背景である明治期や作品の舞台である松山の魅力に迫る、連続講座の前期受講者を募集します。

講座名は、「近代国家とは何か」と「松山」の二種類で、各分野で活躍する先生方のお話により、『坂の上の雲』の時代背景である明治や、『坂の上の雲』の舞台である松山の多面的な姿に迫っていきます。

①「近代国家とは何か」講師 14:00~15:30

日程 氏名 タイトル 専門分野 所属
10月12日 片上雅仁 松山近代産業の生みの親 小林信近 松山の近代(人物) 松山工業高等学校 教諭
11月9日 齋藤義朗 日本海軍の食と日露戦争 海事史・海軍史 船の科学館 学芸員
12月14日 河合利修 日本赤十字社の救護活動の様子
(松山捕虜収容所病室を中心に)
日本近代史 日本赤十字豊田看護大学
准教授
1月11日 伊藤慶郎 日露戦争ロシア人捕虜と日本正教会 キリスト教学
宗教哲学
同志社大学神学部 講師
2月8日 近藤晋一郎 佐野常民と近代日本 日本近代史 佐野常民記念館学芸員

②「松山」講師 14:00~15:30

日程 氏名 タイトル 専門分野 所属
10月26日 武岡英隆 瀬戸内海の環境 気象、海洋物理 愛媛大学
沿岸環境科学研究センター
11月23日 花岡直樹 伊予の近代建築 伊予の建築 愛媛大学名誉教授
愛媛県文化振興財団
編集委員長
12月28日 横山昭市 「まほろば」の城下町
-松山寸描-
地理学 愛媛大学名誉教授
愛媛県文化振興財団
編集委員長
1月25日 神楽岡幼子 内藤鳴雪と江戸文学 芸能史 愛媛大学法文学部人文学科

これまでの講座