HOME   ≫   展示情報   ≫   第5回企画展 テーマ展示「バルチック艦隊と真之」

第5回企画展 バルチック艦隊と真之

平成23年度 2011年3月1日〜2012年2月19日

パンフレット

概要

パンフレット
パンフレットPDF

明治という近代国家において、新聞を中心としたメディアの成立と発展は、当時の人びとのあいだに国民意識を広めていくうえで大きな役割を果たしました。坂の上の雲ミュージアムでは、日露戦争を明治時代のジャーナリズムの視点から捉えるシリーズ「日露戦争と明治のジャーナリズム」の第2回目として、バルチック艦隊の成立と航海、それに対応した秋山真之の思索の跡に焦点をあてます。

今回の展示では、バルチック艦隊の乗組員たちが見た新聞や彼らの記録、手紙等を通じで大航海の実態を捉えていきます。同時に、現在日本の各所に残されているバルチック艦隊の痕跡を一堂にあつめて展示します。これらに加えてバルチック艦隊について報じた記事等を手がかりにして、世界が日露戦争をどのように捉えたかを展望します。

これまでの企画展

平成29年 第11回企画展 テーマ展示「好古・真之・子規-明治20年代初頭」
平成28年 第10回企画展 テーマ展示「近代国家制度の形成3 子規と帝国大学」
平成27年 第9回企画展 テーマ展示「近代国家制度の形成2 子規・真之の青春」
平成26年 第8回企画展 テーマ展示「近代国家制度の形成1 明治の教育 子規・真之と小学校」
平成25年 第7回企画展 テーマ展示「日露戦争と明治のジャーナリズム4 ハーグ万国平和会議」
平成24年 第6回企画展 テーマ展示「日露戦争と明治のジャーナリズム3 ポーツマス日露講和会議」
平成23年 第5回企画展 テーマ展示「日露戦争と明治のジャーナリズム2 バルチック艦隊と真之」
平成22年 第4回企画展 テーマ展示「日露戦争と明治のジャーナリズム1 新聞『日本』と子規」
平成21年 第3回企画展 テーマ展示「秋山好古」
平成20年 第2回企画展 『坂の上の雲』1000人のメッセージ展
平成19年 第1回企画展 テーマ展示「子規と真之」