HOME   ≫   イベント情報   ≫   ミュージアム講座

平成25年度(前期)連続講座

坂の上の雲ミュージアムでは、小説『坂の上の雲』の時代背景である明治期や作品の舞台である松山の魅力に迫る、連続講座の前期受講者を募集します。

講座名は、「近代国家とは何か」と「松山」の二種類で、各分野で活躍する先生方のお話により、『坂の上の雲』の時代背景である明治や、『坂の上の雲』の舞台である松山の多面的な姿に迫っていきます。

①「近代国家とは何か」講師 14:00~15:30

日程 氏名 タイトル 専門分野 所属
5月11日 松原正毅 近代国家制度について(仮称) 遊牧社会論
社会人類学
坂の上の雲ミュージアム館長
6月8日 増田恒男 神奈川台場考(仮称) 日本近代史 司馬遼太郎記念館
特別学芸員
7月13日 伊藤信哉 有賀長雄(仮称) 日本近代史 松山大学准教授
8月10日 藻利佳彦 ハーグ条約と日露戦争期の捕虜(仮称) ロシア文学 東京ロシア語学院
9月14日 溝渕園子 明治日本におけるロシア文学の受容(仮称) 比較文学 広島大学准教授

②「松山」講師 14:00~15:30

日程 氏名 タイトル 専門分野 所属
5月25日 三浦和尚 三輪田米山-幕末・明治- 伊予近代史 愛媛大学教育学部教授
6月22日 山崎 薫 秋山好古に教わった人々 郷土史 元松山北高等学校教諭
7月27日 多田 仁 松山平野の石器文化
-2万年の石器文化を考える-
伊予古代史 愛媛県埋蔵文化財センター
8月24日 三好恭治 松山中学校のお雇い外国人 郷土史 松山子規会常任理事
9月28日 青木亮人 子規と近代俳句(仮称) 近代文学 愛媛大学教育学部准教授

これまでの講座