HOME   ≫   イベント情報   ≫   ミュージアム講座

平成24年度(後期)連続講座

坂の上の雲ミュージアムでは、小説『坂の上の雲』の時代背景である明治期や作品の舞台である松山の魅力に迫る、連続講座の前期受講者を募集します。

講座名は、「近代国家とは何か」と「松山」の二種類で、各分野で活躍する先生方のお話により、『坂の上の雲』の時代背景である明治や、『坂の上の雲』の舞台である松山の多面的な姿に迫っていきます。

①「近代国家とは何か」講師 14:00~15:30

日程 氏名 タイトル 専門分野 所属
10月13日 松居竜五 南方熊楠の生きた近代日本 近代日本思想史
南方熊楠研究
龍谷大学国際文化学研究科 教授
11月10日 千葉 功 日英同盟締結後における日露の外交方針 日本近現代史 学習院大学文学部史学科 教授
12月8日 谷本宗生 大学予備門・帝国大学のプレゼンス 日本教育史 東京大学史史料室 専任室員
1月12日 中丸宣明 三遊亭円朝における「近代国家」 近代文学、
近代演劇・芸能
法政大学文学部日本文学科 教授
2月9日 齋藤義朗 日本海軍の創設と海軍兵学校 海事史・海軍史 船の科学館 学芸員

②「松山」講師 14:00~15:30

日程 氏名 タイトル 専門分野 所属
10月27日 近藤元治 坂の上の雲と近藤三兄弟 近現代史 医療法人社団千春会
ハイパーサーミアクリニック 院長
京都府立医大名誉教授
11月24日 友澤明 小松藩と松山
―江戸時代の人びとのつながり
近世史 西条市立小松温芳図書館 郷土資料室
12月22日 久葉裕可 広瀬宰平と別子銅山の近代化 近代史 新居浜市広瀬歴史記念館 館長
1月26日 石岡ひとみ 伊予近世のやきもの 近世史 愛媛県美術館 学芸員

これまでの講座